M&Aに仲介してもらおう|新経営を選出する

男性と女性

情報が豊富です

握手

事業規模の拡大や新規分野への参入を目的としたM&Aが非常に増えています。ここ数年では、売り手よりも買い手の方が圧倒的に多く、売り手有利の状況にあります。しかし、いざ、M&Aをしようとしても売り手企業の情報は簡単に手に入るものではありません。なぜならば、売り手企業が売却を検討していることを社内で公にしてしまうと従業員のモチベーションが下がったり、良からぬ噂が取引先に広がったりしてしまうからです。自社を売却したいと考えている企業は、こっそりとM&Aの仲介会社に相談をしています。そのため、他社を買いたいと考えている企業も、まずはM&Aの仲介会社に相談することから始めるとよいです。M&Aの仲介会社には数多くの企業情報があります。特に業界のトップクラスになると金融機関からの相談が持ち込まれていたり、その知名度から地方からでも経営者自ら相談しに来ていたりします。買い手企業にとっては、M&Aの仲介会社に打診することが一番手っ取り早く情報収集をすることができるというわけです。また、実際に買収手続きが進んだ際にもM&Aの仲介会社は頼りになります。法務面や会計面のアドバイスをしてくれるだけでなく、経営者と時間をかけてヒアリングしたうえで、よいマッチングになりそうな企業をピックアップしてくれます。M&Aの初心者は事業内容や財務状況ばかり見がちですが、数値には出てこない部分を仲介会社が丁寧に吟味してくれるのです。